投資顧問を選ぶコツ

投資顧問を選ぶコツ

これから投資を始められる方は是非お読みください。これから投資顧問について説明していきますが難しいと思わないでくださいね。いい投資顧問を見つけることによって効率よく確実に投資を行うことができます。

投資顧問会社の特徴

投資顧問会社は顧客から資産を預かって助言をしたり運用をして、その対価として報酬を得ている会社です。
日本においては、金融商品取引法に基づいて財務局に登録されている金融商品取引業者の中で投資助言業や投資運用業を行なっている金融機関以外の会社のことをいいます。
財務局への登録がない無許可の業者は違法となります。
このような業者を利用することのないようにしましょう。
投資の助言については、顧問として顧客の投資しようとしている銘柄の相談に応じるような投資顧問としての本来の形態である相談形態、どの銘柄をいつどのくらい投資するかを指図をして、助言で指図した取引で利益が出ていたら顧客が取引を実際にしているかどうかに関係なく成功報酬が出てくる指図形態、メールやFAXを使って顧客全員に同じ内容の助言を送信する一括送信形態や市場を分析できるソフトウェアやサービスなどの販売をして、顧客がソフトウェアを使った分析を利用して任意に取引するまたはソフトウェアが登録した口座での取引を自動で行なうようなソフトウェア販売形態があります。
また、投資運用業では投資顧問として投資一任契約をして預かった投資資金を運用します。
料金体系については、毎月もしくは毎年に決まった料金を支払う固定性、一つの銘柄につき1回の助言に対する料金を支払う従量制と、出てきた利益に対して決められた割合を支払う成功報酬制があります。
投資顧問会社によってその投資スタイルに違いがあります。
ポジショントレードを得意とした長期投資、スイングトレードを主体とした短期投資など色々あります。
投資顧問会社のサービス内容や会社に所属している助言担当者や分析の担当者が得意としている投資手法に違いがありその助言や運用方法にそれぞれの特徴が出てきます。

投資顧問の料金体制について

投資顧問の料金体制には固定性、従量制、成功報酬制とこれらを組み合わせたものがあります。
固定性では年会費とか月額制などの形で会費を支払います。
投資助言業では当該の期間中に1回も助言がなければ翌期間に掛かる料金を無料にするところもあります。
この固定性は最近では期間契約とか期間会員などという名称で呼ぶこともあります。
従量制では一つの銘柄の助言について1回分を支払う料金体制です。
投資助言業だけに見られる料金体制となっています。
成功報酬制は顧客に対して投資の助言をして、それで出てきた利益に対してあらかじめ契約で決められた報酬の割合を支払います。
投資顧問において注意したいことがあります。
それは投資顧問では金融商品取引法で損失補填が禁止されているということです。
損失補填を行なったりあるいは顧客の方から要求して行なってしまうと金融商品取引法違反になります。
損失補填は損失が出てしまった時にその穴埋めをすることです。
損失補填をしていると公正な価格の形成を阻害して金融商品取引業者で求められている市場を担う者としての責務に背くことになって投資家からの信頼を失うことになっていきます。
契約した投資顧問の助言に従って損失を出した場合について考えてみます。
この時、投資顧問が出した助言はあくまでも助言なのです。
顧客はこの助言を吟味して投資するかどうかの最終的な判断を顧客自身が行なって助言通りの売買を行なったのです。
利益が出ても損失が出てもそれは顧客に帰属します。
あくまでも自己責任で投資の判断は行なうべきなのです。
ただし投資顧問が断定的な判断を行なったり投資顧問の助言に明らかな虚偽があって顧客が誤認してしまった場合には、契約そのものを取り消して料金の返還請求ができます。

投資顧問を上手に選ぶ方法

投資の不安から投資顧問に相談するというのは非常に有効な手です。
プロだから誰でも一緒だろうと考え、なんとなく選ぶとせっかくの有効な手段を上手に活用できません。
自分にとって頼りになる人か、信頼できるパートナーか見極める力を身につけましょう。
投資顧問を選ぶ上で必ずチェックしてほしい基本事項が3点あります。
1つ目は、投資顧問協会に加入しているかのチェックです。
投資顧問を行うには内閣総理大臣の認可が必要ですので、財務局登録番号を持っているか確認しましょう。
詳しくは金融庁のホームページに記載がありますので契約前に確認をしておきましょう。
2つ目は、嘘をつかない人かどうかのチェックです。
嘘つきか見抜くのは普通だと難しいことですが、この場合は至ってシンプルです。
メリットばかりでデメリットを教えてくれない人は信用できません。特に「絶対成功する」と言う人、「利益を保証する」など上手い話を言う人は非常に危険です。
投資顧問が確実に成功するとはっきり言うことは禁止されていますし、業者は利益の保証ができるはずがありません。
メリットとデメリットの説明を納得がいくまでしっかりと話してくれる人、それをもとにこちらの意向に沿ったアドバイスをくれる人が信頼できます。
3つ目は、しっかりと連絡がとれるかのチェックです。
契約しようとしている投資顧問の連絡先はわかりますか。
会社の所在地もホームページなどに明記されていますか。
大切な資産を運用するための助言を求めるのですから、きちんと当たり前の情報が当たり前に明記されているところで契約しましょう。
携帯番号がわかっているからとむやみに安心せず、正確な連絡先・会社の所在地がわかるか確認しましょう。
素人では難しい投資の世界です。信頼できる投資顧問をパートナーとして、解決できることはしっかりと解決していくことで安心の資産運用を行ってください。
こちらのサイトも是非ご参考ください
評価で分かる優良投資顧問と選び方
おすすめの注目株